クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

マレフェMTF(プロベラ)

マレフェMTF(プロベラ)

  • メーカー:West-Coast Pharmaceutical Works Ltd
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:ホルモン剤(男/女)
  • 有効成分:メドロキシプロゲステロン酢酸エステル10mg

このお薬の人気ポイント

・日本国内でも広く不妊治療に使用されている

・黄体ホルモンの摂取で妊娠しやすい体に

商品詳細

マレフェMTFは、女性の黄体ホルモンを補う医薬品です。
経口黄体ホルモン剤であるプロベラのジェネリック医薬品であり、不妊症をはじめとした様々な症状を改善する治療薬になります。

マレフェMTFの有効成分は、メドロキシプロゲステロン酢酸エステルです。
メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、黄体ホルモンと同様の働きがあり、黄体ホルモンが不足することによって起きる生理不順や機能性子宮出血、不妊症、流産防止などに使われています。
日本でも、同様の成分が配合されている治療薬としてプロベラが幅広く使用されています。

黄体ホルモンとは、その名の通り黄体より分泌されるホルモンです。
黄体ホルモンには受精卵の着床に必要不可欠な子宮内膜の充実や、妊娠を維持するといった働きがあります。

黄体機能不全になっている場合、この黄体ホルモンの分泌が行われなくなってしまうためマレフェMTFなどの黄体ホルモン剤を使って不足した黄体ホルモンを補うことで不妊症や、生理不順といったホルモン不足による症状を改善へと導きます。

また、マレフェMTFなどの黄体ホルモン剤は卵胞ホルモンとのバランスを図る目的で使用されることもあります。
女性の体の状態によって、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスは変動します。
生理中や卵胞期、排卵期は卵胞ホルモンが多くなり、排卵後の黄体期には黄体ホルモンが多くなります。
子宮がんなどは、黄体ホルモンが不足し、ホルモンのバランスが崩れてしまうことで発症する可能性が高くなるといわれています。
そのため、マレフェMTFなどの黄体ホルモン剤を服用してバランスを保つホルモン療法があります。

マレフェMTF(プロベラ) 10mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
10mg × 100錠 ¥33 ¥3,300 ¥30 ¥2,980 89pt
10mg × 300錠 ¥33 ¥9,900 ¥20 ¥5,980 179pt
10mg × 600錠 ¥33 ¥19,800 ¥17 ¥10,280 308pt

マレフェMTF(プロベラ)10mg x 100錠

¥2,980

ポイント:89pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

排卵検査薬

ホルモン剤(男/女)

排卵検査薬

1箱¥1,900

妊娠の可能性が高い日を調べる

早期妊娠検査薬

ホルモン剤(男/女)

早期妊娠検査薬

1箱¥1,900

いち早く妊娠の有無を確認


用法・用量

成人は1日2.5~15mg(1~6錠)を、1~3回に分けて、水またはぬるま湯で服用してください。
ホルモン不足によって起きる様々な症状に対して非常に高い効果を持ちます。
臨床試験では、多くの症状に対して70%以上の有効率が報告されており、不妊症治療でも50%以上の有効率が報告されています。

マレフェMTFを服用することによって得られる効果の大きさや効果時間などについては、個人差があります。
服用量などについても年齢や症状によって異なるため、不安な場合は服用前に医師などの専門家に相談するようにしましょう。


注意点

脳梗塞や心筋梗塞など血栓症の方や重篤な肝障害などの方は、症状が悪化する可能性があるため使用が禁止されています。
心臓病、肝臓病、糖尿病、てんかん、うつ病などの症状がある方も服用には充分注意が必要です。

マレフェMTFには併用禁忌薬はありませんが、併用禁忌薬として、ホルモン剤があります。
他の黄体ホルモン剤や、卵胞ホルモン、副腎皮質ホルモンなどを併用した場合、血栓症を起こす可能性が高まってしまうため、併用の際は十分に注意して併用しましょう。

温度や湿度が高い、直射日光の当たる場所を避け、できるだけ涼しい場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

マレフェMTFの服用で現れる副作用として頭痛や吐き気、嘔吐、乳房の張りや痛みなどがあります。
これらの症状は併用を続けると慣れて症状が出なくなったり、薬の効果が切れたりすれば症状も治まります。
重篤な副作用として血栓症や心不全、アナフィラキシーや乳頭水腫があります。
これらの重篤な症状が現れた場合には、直ちに薬の服用を中止し医療機関での受診を推奨します。
また、軽度な副作用でも長期間続いたり、症状が重くなっていくような場合も同様です。


利用者の声

  • 今のところ妊娠の兆候はないです。効果はありそうなのでこれで妊娠できれば★5なのですが・・・。

  • 不妊改善をしたかったので、安めな商品をとりあえず買いました。これだけ気軽に買えるのに、その効果には大変満足しているので、長く使用し続けられそうです。

  • 不妊治療は費用が高く用意することが出来ませんでした。それでも子供が欲しいという思いがありマレフェMTFを使いました。マレフェMTFは低価格で出来る不妊治療です。費用で諦めている夫婦も多いと思うので、もっと広めたいです。少子化対策にもなるんじゃないかと思うくらいです。

  • 正直あまり期待はしていなかったものの、どうしても子供が欲しいという願いを込めてマレフェMTFを使うことにしました。しかし先日ついに子供を授かることができ、この薬のおかげかどうかわからないにしてもとても感謝しています。

  • プロベラは経済的に高コストなので、安価なマレフェMTFを不妊治療のために買ってみました。子供が授かるよう祈りながら使ってます。

  • なかなか子供ができなかった私もマレフェMTFを服用することで念願の子供を授かることができました。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る