クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

インドメタシン

インドメタシン

  • メーカー:Jagsonpal
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:痛み止め
  • 有効成分:インドメタシン25mg・75mg

このお薬の人気ポイント

・非常に強力な鎮痛作用を持っている

・効果時間内であれば強い痛みであっても抑えてくれる

商品詳細

インドメタシンはJAGSONPAL Pharmaceuticals社が製造、販売を行っている医薬品です。
インドメタシンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)と呼ばれる医薬品で、急性中耳炎や膀胱炎、腰痛や筋肉痛、肩こりなどに対し、抗炎症薬として使われています。

インドメタシンには、患部の炎症によって発生する痛みや熱を抑制する作用があります。
体内で炎症が発生すると、シクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素によってプロスタグランジンが生成されます。
プロスタグランジンは腫れや熱、痛みといった炎症の症状を生み出します。

有効成分であるインドメタシンが体内に吸収されると、シクロオキシゲナーゼの活動を阻害します。
そうすることにより、炎症の症状の原因となるプロスタグランジンの生成が抑制され、炎症の症状が緩和されます。

インドメタシンの半減期は4.5時間です。
薬が作用している間の消炎・鎮痛作用は非常に高いという特徴があるため、痛みに耐えられない時に服用すると痛みを抑えられます。
高い消炎鎮痛効果を利用した療法は対症療法であり、炎症などの原因を根本から解消するものではありません。
そのため、原因療法を並行して行うなどして炎症の原因を取り除くことも必要です。

インドメタシンは非ステロイド性抗炎症薬の中でも酢酸系と呼ばれるもので、酢酸系の非ステロイド性抗炎症薬は即効性が非常に高いという特徴があります。
そのため、服用によって体内に吸収するのではなく、坐剤や湿布などの患部に対して外部から薬効を届ける製品も多いです。
自分の症状に合わせた幅広い利用方法が可能となっています。

インドメタシン 25mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
25mg × 100錠 ¥40 ¥4,000 ¥36 ¥3,600 108pt 売り切れ
25mg × 200錠 ¥40 ¥8,000 ¥34 ¥6,840 205pt 売り切れ

インドメタシン 75mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
75mg × 100錠 ¥80 ¥8,000 ¥72 ¥7,200 216pt 売り切れ
75mg × 200錠 ¥80 ¥16,000 ¥68 ¥13,680 410pt 売り切れ

インドメタシン75mg x 200錠

¥13,680

ポイント:410pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

エムラクリーム(リドカイン)

痛み止め

エムラクリーム(リドカイン)

1箱¥6,300

病院でも使用されている麻酔薬

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

痛み止め

マクサルト・ジェネリック(偏頭痛)

1箱¥880

慢性的な偏頭痛対策に効果的

ルネスタ・ジェネリック

睡眠薬

ルネスタ・ジェネリック

1箱¥4,050

幅広い層で使われている睡眠薬


用法・用量

1日に1回から3回、痛みが現れた際に服用をします。
服用の際はコップ1杯の水または白湯を用います。

1日の使用上限は75mgとされているため、25mgのものを使用する場合は3回まで、75mgのものを使用する場合は1回の服用が限度となります。

限度以上に服用をしても高い効果が得られるといったことはなく、副作用が強く現れる可能性が高まってしまうため過剰摂取は控えて下さい。

空腹時にインドメタシンを服用した場合、胃を痛める可能性があるため、胃液の分泌が盛んになる食後、もしくは食間に服用を行うことを推奨します。

また、インドメタシンの効果については個人差がありますが、服用してから1時間程度で現れ効果は5時間程度続きます。


注意点

インドメタシンは胎児の動脈管封鎖を促進する作用があります。
そのため、妊婦もしく妊娠の可能性がある方、授乳期中の幼児がいる場合、服用は厳禁となっています。

アスピリン喘息、消化性潰瘍、血小板減少症を発症している場合についても、インドメタシンの服用により症状が悪化する可能性があるため、服用は厳禁となっています。

飲酒後にインドメタシンを服用した場合、胃や肝臓に対して非常に大きな負荷をかけ、副作用の発生確率が上昇します。
そのため、インドメタシン服用の前後には飲酒量を抑える必要があります。

また、併用禁忌薬としてはトリアムテレンがあります。
併用した場合、双方の副作用が増強されてしまい、急性腎不全を発症する可能性があり非常に危険です。

他にもプロペネシドやアスピリン、ワルファリンなどがあります。
併用注意薬は併用できないわけではありませんが併用する場合には十分な注意が必要です。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

インドメタシンは胃腸に対して負荷をかけてしまうため、軽度な副作用として胃痛や腹痛、吐き気、食欲不振、発疹といった症状が現れます。
軽度な場合は、休薬することで薬の効果と一緒に消失していきます。

また、重篤な副作用としてアナフィラキシーやぜんそくの発作、性器出血といった症状があります。
これらの重篤な副作用症状が現れた際や、軽度な副作用症状であっても長時間にわたって続いている場合には、すみやかに服用を中止し医師の診察をうけることを推奨します。


利用者の声

  • トレーニングし過ぎて関節に炎症が起こってしまいました。インドメタシンは張るタイプは知っていましたが、飲むタイプもあったんですね。知らなかった。飲み続けて三日目あたりから痛みが引いてきている感じがあります。

  • 久々に運動して、えげつないくらい筋肉痛が来たのでインドメタシンを利用。さすがネームバリューがあるだけあって、効果は間違いなかったです。

  • この間、はじめて膀胱炎になりつらい思いをしました。しかも、その時は休日の深夜だったので大変でした…。再発することも多いということで、念のためこちらでインドメタシンを注文しました。薬があれば心配不要です。しかも、この薬は腰痛や筋肉痛にも効くということで、わたしの常備薬になりそうです。

  • 40歳を過ぎてから初めて建設現場で働き始めたのですが、慣れない力仕事ということもあり体中筋肉でした。さまざまな筋肉の痛みに効くインドメタシンを使うことで痛みを軽減さすことができています。

  • 最近は倒れるわけにはいかないタイミングで様々な症状に襲われます。プレゼン前に風邪でのどが痛くなったり、重要な会議前に腰が痛くなったり。そんな時に頼りになるのがこのインドメタシンで、どんな痛みでも和らげてくれます。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る