クレジットカード種類

銀行振込、各種クレジットカード、コンビニ決済に対応

ジネット35(ダイアン)

ジネット35(ダイアン)

  • メーカー:Cipla
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:避妊薬ピル
  • 有効成分:酢酸シプロテロン2mg・エチニルエストラジオール0.035mg

このお薬の人気ポイント

・生理痛の軽減や生理周期の調整効果も

・飲む順番を気にしなくていい

商品詳細

ジネット35はCipla社が開発した低用量ピルです。
ジネット35を服用するだけでコンドームなどを使用せず女性が主体となって避妊できる商品です。
また副作用が少ないことも人気のひとつです。
また低用量ピルには副作用だけでなく、嬉しいメリットもあります。

毎日服用することによって生理周期が整って、生理不順の改善に繋がります。
生理痛、PMS(月経前症候群)の緩和にも効果があります。
また肌荒れもなくなるので、生理前にニキビができやすかった方などにもおすすめです。

ジネット35はダイアンのジェネリック医薬品であるため、配合されている成分はエチニルエストラジオールと酢酸シプロテロンと同じになっています。
酢酸シプロテロンが男性ホルモンの働きを阻害し、エチニルエストラジオールでホルモンバランスを整えることで、避妊や月経不順の解消など様々な効果を期待できます。

またジネット35は1相性ピルなので、3相性ピルに比べて服用するのが簡単です。
1相性ピルは配合されている有効成分量が21錠全て同じなので、飲み間違える心配がありません。
3相性ピルはホルモン量が徐々に変化するように有効成分の配合量が3段階に変化します。
そのため、21錠それぞれに飲む順番が決められており、順番を間違えて飲んでしまうと十分な効果を得られなくなる可能性があります。
その分、ホルモン量に急激な変化がないため副作用などの面では1相性よりも緩和されています。

1相性ピルは、飲み方に煩雑さがない分、比較的簡単に飲み続けることができます。
そのため、低用量ピルを始めて利用されるというような方にもおすすめできる商品となっています。
ダイアン35のジェネリック医薬品であるこちらの商品は、ダイアンと同じ成分で作られているのでダイアン35を使われている方は、安心して使用していただけます。

ジネット35(ダイアン) 21錠

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1箱 1箱
21錠 × 1箱 ¥2,200 ¥2,200 ¥1,980 ¥1,980 59pt
21錠 × 3箱 ¥2,200 ¥6,600 ¥1,780 ¥5,340 160pt
21錠 × 6箱 ¥2,200 ¥13,200 ¥1,583 ¥9,500 285pt

ジネット35(ダイアン)21錠 x 1箱

¥1,980

ポイント:59pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

マーベロン

避妊薬ピル

マーベロン

1箱¥1,300

シンプルに飲める低用量ピル

トリキュラー

避妊薬ピル

トリキュラー

1箱¥1,200

身体に優しい三相性の低用量ピル

プリム

美容スキンケア

プリム

1箱¥1,580

ニキビやお肌に優しいサプリ


用法・用量

低用量ピルは生理初日から服用を始めます。
1日1回、1錠を毎日同じ時間に服用してください。
ジネット35は21錠タイプなので、21日間の服用を終えた後は7日間の休薬期間に入ります。
7日間の休薬期間後、また新しいシートの服用を始めます。

ジネット35は、生理初日から適切に服用すると7日程度で避妊効果を発揮します。
服用を忘れてしまった場合には飲み忘れてからどの程度時間が経過しているかによって対処方法が変化します。
24時間経過していない場合は、すぐに飲み忘れた分を服用し、その後は平常通り決めた時間に服用を行います。
24時間以上経過している場合には、次回の服用時に2錠を服用します。
48時間以上経過している場合は、低用量ピルの服用を中止し次に生理が始まったタイミングで改めて服用を始めることになります。

毎日服用することで、ホルモンバランスが保たれ避妊効果を発揮するため、服用を忘れた場合には避妊効果が薄れてしまう可能性があります。
飲み忘れてしまったというような場合には、コンドームなどの併用を推奨します。


注意点

乳がんや子宮内膜がんの方や妊娠を望んでいる方などの服用は厳禁です。
また、血栓症の方の使用についても同様です。
乳がんや子宮内膜がんは、卵胞ホルモンの影響によって症状が悪化したりするため、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを配合しているジネット35を服用することで、症状を悪化させてしまう可能性があります。
また、低用量ピルには、血栓を作りやすくしてしまうといった副作用もあるため、血栓症の方の使用は危険です。
血栓症の方と同様に、毎日多くのタバコを吸う喫煙者の方も血栓の可能性が高まるため服用には、注意が必要になります。

ダイアン35には併用禁忌薬として、C型肝炎の治療に使われるヴィキラックスがあります。
併用することによって、肝臓への負担が非常に大きくなってしまうため危険です。
しかし、ヴィキラックスを用いた治療を行った後2週間が経過してからは問題なくジネット35を使用していただけます。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

ジネット35は比較的副作用が少ないですが、可能性はゼロではないため症状が現れることがあります。
軽度な症状として頭痛や吐き気、乳房の張りや下腹部の張り、むくみなどがあります。
大抵1~2ヶ月継続して服用を行うことでこれらの症状は治まります。
また、ジネット35の服用を中断することでも、薬の効果が切れるため副作用も同様に消失します。

重篤な副作用には、血栓症があります。
血栓症の症状としては手足のしびれや脱力、激しい頭痛や視力障害などがあります。
血栓症の症状が現れたり、軽度な副作用が長く続いているような場合には、ジネット35の使用を中止し病院での受診を推奨します。


利用者の声

  • あれだけ重たかった生理が怖いくらいおさまりました。逆に不安になってしまい、今は飲むのをやめています。

  • 低用量ピルはの見方がややこしいので敬遠していたのですが、ジネットなら安心して飲むことができるのでうれしいです。避妊効果が高いのはもちろん、重い生理痛もなくなったので、かなり快適に利用しています。自分に合ってそうなので、これからもお世話になろうと思っています。

  • 1相性タイプの低用量ピルなので、ジネット35は飲み忘れといったミスを起こしにくく私に合っていました。

  • アジア人向けであるジネット35は安心して使うことができ、効果的に避妊を行うことができています。そして避妊以外にも生理がおかしくなった時も使っています。

  • 避妊する方法は色々ありますが、ジネット35はなかなか強力だと思います。安いのにかなりレベルが高いので、避妊したい女性には絶対使ってもらいたい低用量ピルのひとつです。

  • 海外の薬ってちょっと不安なのですが、ジネット35は私達アジア人向けの薬ということで購入しました。しかも管理がしやすいようになっているのでズボラな私でも間違えることなく飲めています。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る