クレジットカード種類

銀行振込、マスターカード、コンビニ決済に対応

ビクシリン・ジェネリック

ビクシリン・ジェネリック

  • メーカー:Cadila Healthcare
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:性病/感染症
  • 有効成分:アンピシリン250mg・500mg

このお薬の人気ポイント

・強力な殺菌作用でウィルス系の病気にも有効

・安価に購入できる抗生物質

商品詳細

ビクシリン・ジェネリックはインドのグジャラートにある製薬会社Cadila Healthcare社が製造する抗生物質で、ビクシリンと呼ばれる抗生物質のジェネリック医薬品です。

ビクシリン・ジェネリックはアンピシリンを主成分としています。
このアンピシリンは、抗生物質の中でも知名度の高いペニシリンをベースとしたタイプのものです。

ペニシリン系抗生物質はβラクタム系抗生物質と呼ばれ、服用後血液内の薬品濃度が半減するまでの時間が非常に短く、効果を持続させるためには頻繁に服用を行う必要があるという特徴があります。
服用回数は多くなってしまいますが、効果がすぐに切れるということから副作用などの心配が少なくなっています。

アンピシリンは細菌の細胞壁を破壊し、死滅させる作用があり、非常に強力な殺菌作用を持っています。
そのため、ビクシリン・ジェネリックは淋病やクラミジア、梅毒などの性感染症や、赤痢菌や大腸菌、サルモネラ菌などの非常に強い下痢や腹痛の治療や、中耳炎、副鼻腔炎、尿路感染症といった感染症の治療、更には炭疽菌の感染を治療する際にも使用されます。

淋病やクラミジアといった性感染症は放置しても自然治癒することはありません。
放置することで感染拡大につながるだけでなく、症状も悪化していきます。
しかし、抗生物質の投与で速やかな原因菌の殺菌と症状の改善を目指せるため、治療が困難であるというワケではありません。

淋病やクラミジアの症状が現れた場合は速やかな治療が必要なため、ピクシリン・ジェネリックが役立ちます。

ビクシリン・ジェネリック  250mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
250mg × 100錠 ¥60 ¥6,000 ¥48 ¥4,800 144pt

ビクシリン・ジェネリック  500mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
500mg × 100錠 ¥80 ¥8,000 ¥64 ¥6,400 192pt

ビクシリン・ジェネリック 250mg x 100錠

¥4,800

ポイント:144pt

10,000円以上購入で送料無料

在庫あり

数量:

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

アジー

性病/感染症

アジー

1箱¥1,700

淋病やクラミジアの治療に最適

クラミジア検査キット

性病/感染症

クラミジア検査キット

1箱¥2,980

自宅で簡単にクラジミア検査

淋病検査キット

性病/感染症

淋病検査キット

1箱¥2,980

自宅で簡単に淋病検査ができる


用法・用量

1日に4回から6回服用して下さい。
1回の服用量は250mgから500mgになるようし、年齢や症状に合わせて服用量や服用回数を調整して下さい。

服用時にはコップ1杯分の水もしくは白湯を用いて服用します。
また、ビクシリン・ジェネリックを用いた治療を行う際には、医師による服用量の判断を受けることを推奨します。


注意点

ビクシリン・ジェネリックのような抗生物質は症状が完治してからも体内に残留した菌を全て死滅させるまでの間、服用を続ける必要があります。
そのため、ビクシリン・ジェネリックを使用する際は症状が一旦収まったからといって服用を止めるのではなく、一定期間服用を継続する必要があります。

ビクシリン・ジェネリックはペニシリンを元に開発された成分を含むため、過去にペニシリンに対してアレルギーを起こした経験がある場合は、使用することが出来ません。

服用した際は、アンピシリンの持つ抗菌作用により、腸内細菌が駆除されてしまい、腸内環境が乱れて下痢を起こしてしまう場合があります。
そのため、病院でアンピシリンを含む抗生物質を処方される際には乳酸菌系の整腸剤が同時に処方される場合があります。

もしビクシリン・ジェネリックを使用した際の下痢を不安に感じるのであれば、乳酸菌系整腸剤との併用を検討しましょう。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

ビクシリン・ジェネリックを服用した際には、腸内菌のバランスが崩れてしまい、下痢を引き起こす可能性があります。
軟便や軽度の下痢であれば特に問題はありませんが、長期間ひどい下痢が続く、血便が出るようになった際は、医師の診察を受ける事を推奨します。

重度の副作用として、アナフィラキシーショック、急性腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚や粘膜の重い障害があります。

これらの症状には初期症状があるため、突然の意識の喪失、尿の出が急激に悪くなる、何もしていないのに血豆や青あざが現れた、皮膚のめくれなどが発生した際には、すぐに服用を中断し、病院で診察を受けるようにしましょう。


利用者の声

  • 淋病はさくっと治ったけど、抗生物質ってこともあるので性病以外で飲むのはちょっと抵抗がありますね

  • 幅広く使える薬なので、自宅にひと箱あっても良いと思います。たくさん入っているので長く使えますし、しかも内容量と比べてそこまで高くないので、私も必ず常備しています。

  • 体調を崩すと下痢になることが多くありました。体力が低下すると菌に負けてしまうようです。そんなときにビクシリン・ジェネリックを使うようになりました。しっかりと菌を退治してくれるので下痢を起こすこともなくなりました。ビクシリン・ジェネリックは多くの効果があるので一つ持っておくと便利です。

  • 人生で初めて性病になったときに利用したのがビクシリン・ジェネリックでした。すぐに効果が現れて治療ができたので安心しました。細菌性の腹痛にも効果があるということなので、今でもたまにお世話になっています。市販の腹痛の薬よりは圧倒的に効きます。

  • さまざまな病気の治療に役立つビクシリン・ジェネリックは常備薬としていつも家に置くようにしています。

  • 抗生物質はいざという時の切り札なので頻繁に使えませんが、該当する感染症リスクはゼロで無いのでビクシリン・ジェネリックを薬箱に入れています。注文した後はスムーズに自宅へ送り届けてもらいました。満足しています。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る